知ってる?メガネのお手入れ方法

日本人の約2人に1人はメガネといわれるこの時代。目が悪くてかける人が多いですが、中にはダテメガネやおしゃれメガネをかける人も多いですね。そのメガネ、ちゃんとお手入れしてますか?

■メガネの持ち方

1.お手入れ

まずはレンズではなくフレームを持つようにしましょう。そして拭くときは必ず拭く方のフレームを片手で持ち、もう片方の手でフレームをお手入れします。

■メガネを拭く前に!

2.水で洗う

「なんか汚れてるな~」そんな時、いきなり拭くのはNGです。メガネの表面に埃やゴミがついていると、表面がキズついてしまうことがあります。まずは流水で洗うことをおすすめします。

■ティッシュで拭いてもいいの?

3.ティッシュ

乾いたティッシュでゴシゴシこするのは、ティッシュの繊維が表面を傷つける可能性があるので、ダメです。でも、メガネの汚れを流水で洗い流したあとに軽く水分を吸い取る分には問題ありません。

■メガネを拭くならメガネ拭きが1番

4.メガネ拭き

メガネ専用のメガネ拭き。これって実はマイクロファイバーという8μm以下の極細繊維素材でできていて、極めて細かいチリでもその繊維表面に取り込んでくれる、優れものなんです!ぜひ活用しましょう。

■汚れがひどいとき

5.中性洗剤

油がついてしまったり汚れがひどいときは、中性洗剤を薄めたものを使用して洗いましょう。洗ったら流水で洗い、同じように拭きます。アルカリ性や酸性の洗剤は使わないようにしましょう。

■メガネの鼻あてもしっかりキレイに!

6.鼻あて

実は1番汚れやすいのがこの鼻あて。ここはケアしていない人もたくさんいると思うので、この部分もしっかり拭き、汚れがひどい場合は中性洗剤を用いて、歯ブラシなどで汚れを取り除きましょう。

■メガネをキレイにして爽やか視界の生活を送りましょう

7.メガネ

生活の必需品、メガネ。ちゃんとお手入れすることで、きっと視界も今まで以上にクリアになるはずです。正しい方法でしっかりケアして、さわやかな視界を手に入れましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)