ブルーライトと睡眠障害

夜眠れないからスマホをいじってたら・・・余計に眠れなくなっちゃった!なんてこと、ありませんか?これって実は、ブルーライトの影響なんです。

■そもそもブルーライトってなに?

2015-09-15_191339

波長が380~500nm(ナノメートル)の青色の光のことです。これは目に見える光の中でも最も波長が短く、強いエネルギーを持っているんです!

■身近にはブルーライトがいっぱい!

2.スマホパソコンやスマートフォン、テレビの液晶画面に使用されているLED!これはブルーライトをつよく発生させる、代表的なものです。

LED(発光ダイオード)-wikipedia

■ブルーライトが目に与える影響は?

3.目

ブルーライトはエネルギーが強いので、目の角膜や水晶体をすり抜けて、直接網膜に届きます。更に、ブルーライトは撹乱しやすいので、ピントが合わせにくく、より目に負担がかかります。

■ブルーライトが全身に与える影響は?

4.メラトニン

人は、夜にメラトニンという睡眠ホルモンが出ますが、強いエネルギーを持った光を浴びると、そのメラトニンの生成が減ってしまいます。ブルーライトの浴び過ぎは、ホルモンバランスが乱れる原因にもなります。

■どうしてブルーライトを見ていると眠れなくなるの?

5.朝日

前項に挙げたように、ブルーライトはメラトニンの生成を抑制します。朝日を浴びると目がさめるように、ブルーライトは、朝日が与える影響と同じようなはたらきをしているんです!

■よりよい睡眠を得るために

6.睡眠

よりよい睡眠を得るには、身体のホルモンバランスを整えることが大切です。睡眠前2-3時間は、できるだけ明るいディスプレイを見続けるのは避けて、健康のためにも、質の良い睡眠をとりましょう。

ブルーライトをもっと詳しく

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)