【iOFT国際眼鏡展】2017年日本メガネ大賞(機能・技術部門、特別賞)

毎年秋に開催されるiOFT国際眼鏡展(http://www.ioft.jp/)では

今秋冬発表の新フレーム・サングラスの中からデザイン・機能が最も優れている製品に「日本メガネ大賞」が送られます。(※ 旧称「アイウェア・オブ・ザ・イヤー」)

今回は昨年2017年の受賞企業・製品(特徴)をご紹介します!

本年度の「日本メガネ大賞」も追ってご紹介するのでお楽しみに!

■機能・技術部門

・パラサイトデザイン/(株)エイトオプティク

出典:https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/award/winners.html#sunglass

【ブランド名】プロジェクト ゼロ

【製品名】プロジェクト ゼロ V9

【特徴】3Dプリンティングの技術により、ポリアミドの粉末から作られた軽量でカラフルなフロントと、ネジのない特殊な構造のヒンジを使用したステンレス製のテンプルを組み合わせたミニマルなフレーム。

【審査講評】3Dプリント技術を応用した商品展開は、メガネという道具が個人のいろいろな顔に対応するものである限り、今後さらに増えていくだろう。商品としてヒンジ部分の強度開発など工夫が感じられた。

・(有)サンカラー シューユウ グループ

出典:https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/award/winners.html#sunglass

【ブランド名】1Ban Glass

【製品名】136″ 09AGC BOSTON

【特徴】世界初、唯一無二。次世代ハイブリッド三層構造ガラス偏光レンズを使い透明度と視認性に優れ、傷に強く、歪が生じない安全性に配慮したサングラス。長時間かけ続けてもストレスを感じさせない心地よさを備えた逸品。

【審査講評】独自のガラス偏光レンズの開発の努力評価。また見た目よりも、非常に軽快感のあるフレーム設計がとても好ましかった。グラフィック処理含めて今後の可能性に期待。

・MOREL

出典:https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/award/winners.html#sunglass

【ブランド名】Oga

【製品名】Glastra Slim

【特徴】Juraのキャビネットメーカーと共にウッドと合成ガラス製のテンプルをデザインしました。まるで木が半透明の木目と共に育ったようにテンプルがデザインされたことが、このフレームの真の技術的成果です。

【審査講評】ガラスと木材のサンドウィッチ構造という斬新な素材のテンプル部。上品さと強度の両立を実現している。素材のチャレンジという部分で今後の可能性を評価。

■IOFT30周年記念 特別賞

(株)トレミー48

出典:https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/award/winners.html#sunglass

【ブランド名】Ptolemy48

【製品名】Vintage Celluloid VC-049

【特徴】加工が難易なセルロイド生地にチタンリムを埋め込む卓越した職人技を採用。この加工技術でブリッジからのあおりを防止。ノー芯工法のテンプルを採用し、かしめ方式を採用。縦グラデカラーは男の魅力を引き立てます。

【審査講評】オーソドックスなフォルムを維持しつつ、チタンリムの埋め込みというハイレベルな技術をさりげなく使用。トレンドのブルーも上品なグラデーションで美しくバランスがとれている。かけ心地も満足。

※メンズ部門、レディース部門はこちら

※キッズ部門、サングラス部門はこちら

記事引用元:

iOFT2018第31回国際メガネ展

前回の受賞企業/製品・特徴/審査講評

https://www.ioft.jp/ja-jp/Concurrent-Events/award/winners.html#sunglass

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)